中尾について
~­­­ NAKAO ~­­­

更なる美味しさを求めて

蒟蒻本来の歯触り、食感、美味しさを

伝承し、それを基本に置いた上で

常に新しい解釈や試みを怠る事なく、

そして皆様が安心して美味しい

蒟蒻料理を楽しんで頂けますよう、

更なる「美味しさ」を

探求しております。

その為には、

更なる学びと励み、技術の向上など

いくつものハードルはありますが

蒟蒻屋としての誇りと志を胸に、

お客様の『笑顔あふれる人生』に

貢献すべく、

これまでもそしてこれからも

四代目蒟蒻屋として頑張って参ります。

 

代表 中尾 友彦

会社概要

会社名 中尾食品工業株式会社
本社住所 大阪府堺市西区草部715
代表者名 中尾 友彦
設立  1975年4月3日
資本金 1,600万円
従業員数 17名(2018.11時点)
業務内容 こんにゃく、ところてん等の製造・販売

アクセス

◇ 関西からお越しの方
大阪駅
→JR阪和線 和歌山行
→鳳駅下車
→車にて約7分

◇ 関東からお越しの方
東京駅
→東海道山陽新幹線
→大阪駅下車
→JR阪和線 和歌山行
→鳳駅下車
→車にて約7分

沿革

1927年 中尾菊松が「中尾商店」を創業、こんにゃくの製造開始
1969年 粉末原料使用のところてん製造開始
1975年 「中尾食品工業株式会社」を設立、2代目「中尾忠雄」が代表取締役に就任
1980年 本拠地を大阪府堺市西区草部に移転
1982年 天草から作るところてんの製造開始
1985年 くずきり製品の製造開始
1989年 社名を「株式会社なかしょく」に変更、2代目の妻「中尾裕子」が代表取締役に就任
1998年 特別栽培芋を100%使用し、昔ながらの灰で固めたこんにゃくの製造開始
2002年 社名を「中尾食品工業株式会社」に変更、3代目「中尾康司」が代表取締役に就任
有機製造業者認定取得
2005年 有機栽培蒟蒻芋100%、昔ながらの灰で固めたこんにゃくの製造開始
わらびもち風こんにゃくスイーツの製造開始
2008年 煮出したことろてんを保存水無しで充填した「生ところてん」の製造開始
2013年 4代目「中尾友彦」が代表取締役に就任
2016年 くずきり製品を外部製造委託へ切替
コンビニ向け手結び白滝の製造開始
2017年 そうざい製造業の許可取得
経営理念

納入実績

~ DELIVERY RECORD ~

大矢商店、ひこばえ、高丸食品、葉菜の森、高島屋泉北店、ダイコー生鮮卸値市場、ダイコー岸和田店、佐海たちばな、名古屋生活クラブ、
がんこフードサービス、がんこ商事、山大、マルシゲ、マツモト、カナート、オハラ、ミートモリタ屋、泉南生活協同組合、ナチュラルガーデン、石神食品、
信田食品、オーディーエー、ナチュラルハーモニー、いんやん倶楽部、オーガニックマンマ、御料理松、串の井、主婦の店せぎやま店、NDS食品事業部、
大和商会、大阪市学校給食協会、タケマス、徳田商店、カリョー、ネットワーク草の根 (同不順)(敬称略)